大腸がんや前立腺がんなどは治療で改善│キャンサー適正治療

医者

免疫細胞治療を受ける

免疫細胞治療は自由診療です

smile

日本の医療制度において、治療内容に対して健康保険の適用が受けられる保険診療の場合は費用負担を軽く済ませることが出来ますが、適用されない自由診療の場合には費用の全額を利用者が負担しなければなりません。また、保険診療と自由診療を組み合わせた診療は認められていないため、全額を自己負担しなければならないことは保険制度の課題として長年議論されています。 現在行われている免疫細胞治療は健康保険が適用されないため、免疫細胞治療を希望する場合には健康保険が適用される検査等の全ての費用も全て負担しなければなりません。そのため、高額の医療費が必要になりますが、今後の免疫細胞治療の普及による料金水準の低下と保険適用や混合診療の導入に期待されています。

免疫機能を活性化します

日本における主要な病死原因の一つであるがんと診断された場合、一般的には病状進行の程度に応じて外科手術や放射線治療、抗がん剤治療が行われます。近年は各治療手段を適切に組み合わせることで治療実績も向上する傾向にありますが、これらの治療方法では全てのがん細胞を死滅させることは困難で、一定程度の健康な細胞を傷つけるため生活上の支障を齎す副作用の発生は珍しい事例ではありません。 免疫細胞治療は、人体が生来持っている自己免疫システムを活性化してがん治療を目指すため、患者に対する副作用の心配がありません。また、免疫システムは恒常的に体内の健康を維持し続けているため、がん治療だけではなく再発等に対する予防的処置としても期待されています。