大腸がんや前立腺がんなどは治療で改善│キャンサー適正治療

医者

手術せずにがんを治療

がん細胞の成長を阻止

悩み

がんの治療は、進行の度合いにもよるのですが、基本的には外科療法でおこなうことになります。外科療法では、がん細胞が多く集まっている部分を摘出することで、そこから周辺にがん細胞がばら撒かれることを防ぐことができるのです。 しかしがんの種類、または進行の度合いによっては、外科療法ではなく放射線治療で治すことが可能となっています。放射線治療とは、がん細胞の成長を放射線でストップさせるという治療で、やはり周辺にがん細胞が広がっていくことを阻止できるのです。切除するわけではないので体に傷が残らず、入院せずに済む場合が多いというメリットがあります。 通院中の病院に放射線治療の名医がいないという場合でも、セカンドオピニオンによって名医を探すことができます。

導入している病院や名医

現在では、放射線をより高い精度で照射できる機器が開発され、がん治療に役立てられるようになっています。しかしそういった機器は、がん治療をおこなっている全ての病院に導入されているわけではありません。また、最先端の機器だからこそ、それを扱う熟練した腕を持った名医も、まだそれほど多くないと言えます。 したがって放射線治療を希望する場合には、まずはより高い効果の期待できる機器を導入している病院を探すことが必要になります。さらに、それによる治療実績が多いかどうか、名医がいるかどうかを確認することが大事です。 現在では最先端の機器と名医により、手術をせずにがんを完治させたり、生存率を上昇させたりする人が増えてきています。